2008年12月26日金曜日

キャンパス内の発掘調査が終了

 12月8日から実施していた島根大学・出雲キャンパス(医学部)での発掘調査(試掘調査)が終了しました。 

 島大キャンパス内での遺跡発掘調査は、島根大学ミュージアムが実施しているのですが、今回は医学部附属病院の開発地点4ヶ所に遺跡があるかどうかを確認する調査でした。(開発工事によって遺跡が壊されてしまう危険性がある場合、事前に発掘調査をすることが、「文化財保護法」に定められているからです。) 
 地下6mまで掘り下げ、縄文時代の堆積とみられる地層まで確認した結果、遺物の出土はみられませんでした。ただ、地下深くの砂礫層から、三瓶山が約3600年前に噴火した際に噴出したデイサイト(溶岩が固まったもの)が出土しました。調査地点は、縄文時代、古宍道湖(湾)の水のなかに位置していましたが、3600年前頃の三瓶山の噴火で噴火物が、神戸川によって押し流され、堆積したようです。基本的に、その後も河川の氾濫原にあたり、ベチャベチャとした場所で、人間が活動するような環境ではなかったようです。 

*島根大学出雲キャンパスの古環境・歴史についてはこちらをご覧ください。>>http://museum.shimane-u.ac.jp/exhibition/tennji.htm 

 寒風吹きすさび、冷たい雨に打たれながらの調査は、しんどかったですが(風邪をひきました)、何とか年内に終了できました。今月は、松江キャンパスでの試掘調査や普及啓発事業などもあり、休日返上で活動しました。まだ、色々デスクワークが残っていますが、とりあえず年を越せそうです。 

*構内での発掘調査は、松江キャンパスでもやっております。 
>>http://museum.shimane-u.ac.jp/08s_17/hakkutsu2008.html
頑張る調査補助員と作業員さん

2008年12月21日日曜日

冬休み・子どもミュージアム体験教室「虹を作って観察しよう!」を開催しました。

 冬休み・子どもミュージアム体験教室「虹を作って観察しよう!」を開催しました。(企画内容>>http://matsuesns.jp/blog/blog.php?key=3809 

 今回は、島根大学総合理工学部の森戸茂一先生と宮本光貴先生に講師を務めていただきました。 

 まず、ガラスの砂をまいた黒い紙に光をあてて、虹ができる仕組み、光が波であることを学びました。 
 次に、紙コップとホログラムシートを使って、自分たちで実際に工作し、万華鏡を作りました。 
 穴をのぞくと、雪の結晶のような虹が見えたりして、子供たちは、 
「スゲー!きれいっ!」 
と思わず歓声をあげていました。 
 子供たちの感動した声を聞くのは、うれしいものです。 

 後半は、電子顕微鏡の部屋に行って、10万倍に拡大した鉄を観察し、電子顕微鏡が電子の波を利用したものであることを学びました。 

 楽しくて、ためになる1時間半でした。 
 ご参加いただいた親子の皆様、企画していただいた講師の先生、学生さん、ありがとうございました。 



2008年12月20日土曜日

第7回ミュージアム市民講座「「江戸時代における白潟本町と鉄(たたら)の流通」を開催

 本日は、第7回ミュージアム市民講座「「江戸時代における白潟本町と鉄(たたら)の流通」を開催しました。 
 講師は、島根大学教育学部特任教授の相良英輔先生です。先生は、永年、出雲や石見における鉄の生産と流通について、調査研究を進められてこられた第一人者です。特に、田部家・絲原家・櫻井家など、出雲の「たたら御三家」に残る古文書の調査では重要な成果をあげておられます。 
 今回は、江戸~明治における、出雲の鉄が、東北地方などをはじめ全国各地に流通し、商人の町・松江・白潟本町がその中継基地として重要な場所であったことをお話していただきました。 
 白潟本町を会場にした市民講座としては、大変ふさわしい内容であったと思います。 

 50人近い聴講者が来られ、盛況でした。 

2008年12月18日木曜日

松江キャンパス教養講義棟1号館で試掘調査

最近,細かい工事が目白押しで,松江・出雲両キャンパスで試掘・立会調査が相次いでいます。

今日は,教養講義棟1号館で耐震補強壁を造る場所の試掘調査を実施しました。

どうやら大正9年の旧制松江高校造成工事で,旧地形が削平されているようでした。委員会での検討の結果,慎重工事で対応することになりました。

現在,出雲キャンパスでも試掘調査中です。そちらは補助員にまかせましたが,松江の調査が終了後,出雲にまいもどるという,慌ただしい1日でした。

島根大学の経済効果・年間404億円

 島根大学が地域へ及ぼす経済効果が、年間404億円もあるそうです。 
・毎日新聞記事>>http://mainichi.jp/area/shimane/letter/news/20081124ddlk3... 

 この記事に… 
「これだけ経済効果を生み出す大学を、私たちはどのくらい活用しているでしょうか。身近なものとしては、公開講座やオープンキャンパスなどがあります。地域を研究する学生と協力して街づくりを試みることもできるでしょう。農業をはじめ地場産業の研究課題を二人三脚で進めることも可能です。私が知る限りでは、まだまだ活用する余地は大きいように思います。 
 地方の国立大学を巡る環境は厳しくなるばかりです。財務省は経費削減を迫り、文科省は地方大学の整理さえほのめかしているそうです。404億円以上の経済効果を発掘するのも、経済効果以外の島根らしい価値を生み出すのも大学を取り巻く市民次第。一度、気軽に足を向けてみませんか。」 
と、書いてありました。 

 この記事を読み、島根大学ミュージアムでは、改めて、地域と大学との架け橋になれるような活動を今後とも行っていきたいと思った次第です。 

2008年12月5日金曜日

2008年12月2日火曜日

冬休み・子どもミュージアム体験教室「虹(にじ)を作って観察(かんさつ)しよう!」を実施します。

*下記の企画は、募集定員に達したため、受付を終了いたしました。 

  * 

 光の性質(せいしつ)をわかりやすく学ぶための実験(じっけん)を用意しました。 
 かんたんな工作で光について学びます。そして研究には不可欠な電子顕微鏡(でんしけんびきょう)を見るチャンス! 
 親子で一緒に光について楽しく勉強をしませんか? 

その1:虹(にじ)の見える万華鏡(まんげきょう)を作ろう ~虹(にじ)は光のプレゼント♪~ 
 ホログラムシートを使って虹(にじ)の見えるふしぎな万華鏡(まんげきょう)を作ります。 
 また、ホログラムシートにレーザーを当てるとどうなるかな? 

その2:ここまで見えちゃう!?「電子顕微鏡(でんしけんびきょう)」を使って観察(かんさつ)をしよう~原子(げんし)の世界を探検!~ 
 「透過型電子顕微鏡(とうかがたでんしけんびきょう)」はものを数万倍に大きくして見ることのできるすごい顕微鏡(けんびきょう)です。 
 身のまわりの金属を見るとどう見えるでしょう? 

    * 

日時: 2008年12月21日(日) 10:00~11:30 

場所: 島根大学総合理工学部大学院棟1階電子顕微鏡室 
     島根大学総合理工学部大学院棟2階201号室(物理学講義室) 

対象: 小学生(3年生以上)の親子 14組 

講師: 森戸 茂一(島根大学総合理工学部物質科学科物理分野物質構造講座准教授) 
     宮本 光貴(島根大学総合理工学部物質科学科物理分野物質構造講座助教) 

参加費: 50円(保険料) 

応募方法: 
・・・申込受付終了しました。 

詳細はこちら>>http://museum.shimane-u.ac.jp/fuyuyasumi2008/fuyuyasumi20... 

2008年11月27日木曜日

島大附属図書館でミニ展示「人類誕生~島大など国際研究チームのケニアでの調査成果から~」

■期間 平成20年11月28日(金)~12月26日(金) 
   開館日・時間>>http://www.lib.shimane-u.ac.jp/menu2008/cal.asp?hb=1 

■会場 島根大学附属図書館本館(松江) 
   ミニ展示コーナー ・・・入口はいって左側です。 
   >>http://museum.shimane-u.ac.jp/library.html 

■内容 
 「ヒトはいつ、どこで、どのようにして誕生したのか?」は、最大の謎です。 
 島根大学、京都大学、ケニア国立博物館などの国際研究チームは、人類の祖先を求め、永年にわたって、アフリカ大陸・ケニアで発掘調査を進めてきました。 
 このミニ展示では、こうした研究成果の一部を貴重な資料とともにご紹介いたします。 

1.人類以前~大型類人猿 
 21世紀にはいり、アフリカでの調査によって、類人猿についての、これまでの学説を塗りかえる発見があいつぎました。 
 アフリカ大陸で発見された類人猿化石のうち、最古の人類に近い年代を示すものは、1982年にケニアで発見された“サンブルピテクス”(960万年前)のみでした。しかし、2005年以降、エチオピアで“チョローラピテクス”(1000万年前頃)が、ケニアで“ナカリピテクス”(990万年前)が、あいついで発見されました。 

2.人類登場 
 最古の人類と考えられているのは、近年、中央アフリカ・チャドで発見された“サへラントロプス・チャデンシス”(700~600万年前)です。人類誕生は、700~600万年前までさかのぼることになりました。 
 また、東アフリカ最古の人類化石は、ケニアで発見された“オロリン・ツゲネンシス”(590~570万年前)です。 
 近年、“アウストラロピテクス属”にはいる古人類も続々と発見されています。有名なものは、“アウストラロピテクス・アフリカヌス”(320~230万年前)です。この“アウストラロピテクス属”の一部から、私たち現代人が属する“ホモ属”が分岐しました。 
 DNA研究によれば、私たち“ホモ・サピエンス”は、20万年前頃にアフリカにいた集団が、世界中に広がっていったようです。まさにアフリカは、人類の故郷(ふるさと)なのです。 

■主な展示資料(総合理工学部・澤田順弘教授所蔵) 
・新発見の大型類人猿化石「ナカリピテクス・ナカヤマイ(Nakalipithecus nakayamai)」の歯付き顎骨(レプリカ) 
 >>関連記事(産経新聞)http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/071113/acd07111... 
・メスゴリラの頭骨(レプリカ) 
・最古級の人類化石「オロリン・トゥゲネンシス (Orrorin tugenensis) 」の大腿骨と歯付き顎骨(レプリカ) 
・人間とチンパンジーの大腿骨(レプリカ) 
・古人類化石「アウストラロピテクス・アフリカヌス(タウングの子供)」(レプリカ) 

■主催 島根大学附属図書館/島根大学ミュージアム/澤田順弘教授・酒井哲弥准教授(島根大学総合理工学部)


2008年11月26日水曜日

ミュージアム市民講座「島根・温故知新」・第7回「江戸時代における白潟本町と鉄(たたら)の流通」

第7回ミュージアム市民講座「江戸時代における白潟本町と鉄(たたら)の流通」 

主催:島根大学ミュージアム・島根大学生涯学習教育研究センター・島根大学「歴史・文化資源を活かした地域まるごとミュージアム化実践プロジェクト」・まつえ市民大学 

後援:松江開府400年祭推進協議会 

講師:相良英輔(島根大学教育学部特任教授) 

日時:平成20年12月20日(土) 午後1:00~2:30 

会場:松江市市民活動センター・スティックビル2F(201・202研修室)〔松江市白潟本町43番地]

お申込み 事前に「名前・住所・連絡先」を電話・ハガキ・FAX・メールなどで下記までお申し込み下さい。当日参加も可。  
   【島根大学ミュージアム】〒690-8504 松江市西川津町1060 
   TEL・FAX 0852-32-6496  メール:museum@riko.shimane-u.ac.jp 

その他 
・参加費無料。 
・受講者は、スティックビル駐車場料金が無料になります。 

 第7回は、島根大学教育学部の相良英輔先生にお話していただきます。 
 先生は、田部家・絲原家・櫻井家など、出雲の「たたら御三家」に残る文書を調査された「たたら製鉄」研究の第一人者です。 
 今回は、江戸~明治における、出雲の鉄の全国的な流通について、松江・白潟本町とのかかわりに引き付けて、お話していただきます。 
 ご来場、お待ちしています。 

詳細>>http://museum.shimane-u.ac.jp/shiminkoza2008/shimin_koza4... 

2008年11月22日土曜日

第6回ミュージアム市民講座 「伝統的建造物群を活かしたまちづくり」を実施

 第6回は、島根大学法文学部の飯野公央先生にお話していただきました。 
 先生は、実際に天神町で白潟サロンを主宰され、町づくり政策を活発に実践されておられます。 
 札幌、小樽、吹屋(岡山)、出石(兵庫)、川越(埼玉)など、伝統的建造物群を保存し、町づくりに上手く活用している国内各地の事例を紹介され、わかりやすくお話していただきました。 
 これからの松江の町づくりを考えるうえでも意義のある講座になったと思います。 

公開講座「第3回・島根まるごとミュージアム体験ツアー」の実施

 今年は、荒神谷遺跡で銅剣が発見されて24年目、加茂岩倉遺跡で銅鐸が発見されて12年目の節目にあたります。そこで今回の講座では、「弥生時代・出雲の青銅器文化をさぐる」と題して、青銅器文化について学習し、実際に出土した現地に立ってみて遺跡を体感してもらうことにしました。 
 2回目の今日は、バスを借りて、下記のコースで遺跡めぐりをしました。大阪や岡山から参加していただいた方もおられました。 

<コース> 
①島根大学出発(12:00) 
②荒神谷遺跡見学(斐川町)http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/tanken/search/site.php?i... 
③荒神谷博物館見学http://www.kojindani.jp/ 
④加茂岩倉遺跡見学(雲南市加茂町)http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/tanken/search/site.php?i... 
⑤神原神社古墳見学(雲南市加茂町)http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/tanken/search/site.php?i... 
⑥田和山遺跡見学(松江市乃白町)http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/tanken/search/site.php?i... 
⑦島根大学到着(17:00) 

 昨日までは、大変寒く、天気も悪かったのですが、今日は秋晴れのなか、紅葉の山々を眺めながら、遺跡をめぐることができました。 
 荒神谷博物館では、学芸員の方に企画展「ふるさとの御仏」を解説していただき、田和山遺跡では、たまたま会った解説ボランティアの方にパンフレットをいただきました。 
 田和山遺跡からは、冠雪の大山を望むこともできました。 
 参加者の方々には、遺跡と自然を満喫していただいた、良い秋の一日になったのではないかと思います。ご参加ありがとうございました。





2008年11月20日木曜日

松江城地選定の地

 慶長年間、堀尾吉晴・忠氏親子が、床几(折りたたみ式の椅子)に座って、松江を見下ろし、極楽寺山(亀田山)に城を移すことにしたといわれる場所です。この伝承から、この山を床几山(しょうぎさん)と呼ぶようになったそうです。
 豊臣期以降、兵農分離政策によって、家臣団が城下に居住しなければならなくなると、安来市広瀬町の山あいにある、それまでの月山富田城では手狭になりました。そこで、より広く、水上交通にも便利な場所に城や城下町を築く必要になったのです。
 松江城や城下町の建設工事は、慶長12(1607)年から始まり、慶長16(1611)年に完成しました。(国史跡・松江城>>http://matsuesns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=3186&bb...

 広場にある大仏は、日清戦争で亡くなった島根県出身者を慰霊するため、1896(明治29)年に建造されたものです。原型の木彫仏像は、雑賀横浜町出身の彫刻家・荒川亀斎(1827~1905)が制作。現在、松江市邑生町清安寺に安置されています。

 同じく広場のなかには、佐々木文尉頌徳碑(ささきぶんじょうしょうとくひ)があります。佐々木文尉(1852~1892)は、海軍軍医。1879(明治12)年、島根県医学校の総長になり、教育や診療に活躍しました。明治27(1894)年、教え子らによって頌徳碑が建てられました。(佐々木文尉頌徳碑>>http://matsuesns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=3281&bb...

 また、広場に登る階段の下には、森本文斎(もりもとぶんさい)の碑があります。森本文斎(1859~1913)は、明治初期の産婦人科医。1891(明治24)年、私立産婆養成所を開設しました。1913(大正2)年に亡くなり、翌年、教え子らによって記念碑が建てられました。(森本文斎碑>>http://matsuesns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=3280&bb...

 また、同じ床几山の上には、公園になっている旧床几山配水池があります。国登録文化財に登録されている、大正5~7年頃に作られた洋風の建物、門などが残っています。(床几山配水池>>http://matsuesns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=3275&bb...

 国道9号線から雑賀本町にはいり、洞光寺(とうこうじ)に参拝してから、坂道を歩いて上がっていくとよいでしょう。松江市街を見下ろす眺望は抜群です。(洞光寺>>http://matsuesns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=3279&bb...

 参考文献
松尾寿ほか2005『島根県の歴史』山川出版社



2008年11月14日金曜日

キャンパスも紅葉

 島根大学(松江キャンパス)構内のケヤキ、イチョウなども、すっかり色づいています。 
 町中で紅葉を楽しめる隠れた名所ではないかと思います。


2008年11月12日水曜日

夏休み体験教室、『エコタウンまつえ』で紹介。

 8月に実施した、夏休み子どもミュージアム体験教室「宍道湖・水辺の生き物教室」の様子が、『エコタウンまつえ』10月号に紹介されていました。 
 参加した子供たちには、エコについて学んでもらい、かつ夏休みのよい経験にもなったようで、幸いでした。紹介記事もうまく伝えていだだき、ありがとうございました。 

・『エコタウンまつえ』10月号>> http://www.city.matsue.shimane.jp/jumin/kankyou/pdf/0810.pdf 

 現在、12月に行う「冬休み体験教室」も企画中です。次回は、島根大学総合理工学部の協力を得て、電子顕微鏡を使った体験教室を実施する予定です。 

2008年11月7日金曜日

「自校学習」授業(第5回島大ミュージアム学)で町歩き

 今日は、フィールド学習・「自校学習」プログラム(第5回島大ミュージアム学)の一環で多くの学生達と1時間半の町歩きをしました。内容は以下の通りです。

<コース>
・国登録文化財・島根大学正門 >>http://matsuesns.jp/blog/blog.php?key=3449
・古い町屋、酒屋、醤油屋、社寺が軒を連ねる松江市石橋町界隈
・松江市指定文化財・千手院(松江市石橋町)>>http://matsuesns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=3171&bbs_id...
・国登録文化財・島根大学旧奥谷宿舎(松江市奥谷町)>>http://matsuesns.jp/blog/blog.php?key=3436
・松江市指定文化財・田原神社(松江市奥谷町)>>http://matsuesns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=3178&bbs_id...

<町歩きのねらい>
・古い町並みや伝統産業など、歴史が息づく地域の風情や味わいを感じ取る。
・自然や歴史の蓄積が町の風景を作ることの価値を理解する。
・狭い路地が迷路状に入り組んだ城下町の魅力を探る。
・文化財や町の景観の保護について考える。
・古い町の今後の発展のあり方を考える。

<配布資料>
・パンフレット『松江・温故知新・いにしえのまちめぐり(橋北版)』http://www.proken.shimane-u.ac.jp/toipx/h19/0803machimegu...
・授業用レジメ

このあたりには、たくさんの文化財や昔ながらの景観が残っており、大学からも近く、フィールド授業の素材としては最適でした。
深まる秋の千手院や田原神社も落ち着いていて、良い雰囲気でした。学生たちは、授業終了後、石橋町で出雲そばを食べてから帰ると言っていました。
今日の見学成果については、詳しく評価シートやレポートに書いて提出してもらう予定です。

2008年11月4日火曜日

松江まるごとミュージアム(橋南篇)

島根大学ミュージアムでは、プロジェクト研究の一環で、松江旧市街の歴史・文化資源をマッピングした地図作りをしています。
橋南篇は、現在、作成中です。休日を利用して、下記のアドレスに写真などを追加しているところです。

・松江まるごとミュージアム(橋南篇)
http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&gl=jp&ie=UTF8&oe=U...

松江・橋南地区は、寺町のたくさんの社寺、白潟や天神町の商店街、床几山、美術館など色々、見どころがあります。
より大きな地図で 松江まるごとミュージアムマップ(橋南篇) を表示

松江まるごとミュージアム(橋北篇)

島根大学ミュージアムでは、松江の旧市街をフィールド・ミュージアムに見立てて、マップ作りなどをしています。
授業や公開講座などで町歩きなどにも活用しています。

松江まるごとミュージアム(橋北篇)≫

松江・橋北地区は、松江城やその周辺の塩見縄手が観光地になっています。しかし、その他にも社寺、町屋、造酒屋、近代の洋館など、いろいろ見るところがあります。

大学にも近く、地元市民や観光客、学生たちが、そぞろ歩いて見聞を深められるような町になってくれればと思っています。


より大きな地図で 松江まるごとミュージアムマップ(橋北篇) を表示