2008年10月28日火曜日

国登録有形文化財・島根大学正門(旧制松江高等学校正門)

場所 島根県松江市西川津町1060 島根大学松江キャンパス
時代 1924(大正13)年3月
大きさ 正門柱:高さ2.1m,1.2m角,脇門柱:高さ1.7m,0.76m角

解説 松江市忌部産の花崗岩(白御影石)製の正門柱2,脇門柱2からなります。
旧制松江高等学校の正門として制作・使用された後,島根大学の正門として受け継がれました。当初は,キャンパス南西隅部にありましたが,1970年12月に現在の場所に移築されました。
四周には,方形を基調とした「セセッション風」の幾何学模様が施されています。
2007(平成19)年5月,国の登録有形文化財に登録されました。

【関連ページ】
写真でみる島根大学の歴史「談論風発~旧制淞高物語~」≫
周辺の見どころはこちら≫



0 件のコメント:

コメントを投稿