2009年12月28日月曜日

ドイツ人留学生が旧奥谷宿舎を見学

 本日は、ドイツ人留学生が旧奥谷宿舎を見学されました。ささやかな活動ですが、国際交流の一助になったなら幸いです。
 団体見学でしたら、今日のような平日の休館日でも、なるべく対応いたします。
・島根大学旧奥谷宿舎の団体見学のご案内≫http://museum.shimane-u.ac.jp/okudani_dantai.html

2009年12月25日金曜日

博物館学授業で旧奥谷宿舎を見学

 12/25(金)は、博物館学の授業で奥谷町・石橋町の旧奥谷宿舎や千手院、田原神社などを歩き、フィールドミュージアム経営について考えてもらいました。 
 将来、学生たちが学芸員になった時、博物館の中だけではなく、周辺の野山や町、社寺などにも目を向けた博物館活動をしてもらうきっかけにしてもらえたなら幸いです。



2009年12月12日土曜日

第18回ミュージアム市民講座「島根県における明治時代の漢詩」を開催

 本日午後は、島根大学旧奥谷宿舎で、第18回ミュージアム市民講座「島根県における明治時代の漢詩」を開催しました。今回は、中国文学をご研究しておられる島根大学法文学部教授の要木純一先生にお話いただきました。 
  
 出雲はもともと、江戸時代から全国屈指の漢詩創作が盛んな地域でした。その伝統は、1903(明治36)年~1946(昭和21)年、出雲を本拠にした剪淞吟社の機関紙『剪淞詩文』などにみることが出来ます。 
 しかし、それ以前の明治初期~中期の漢詩壇の状況については、不明な点が多いようです。 
 今回は、『松江竹枝』という、明治21年に発表された本を素材にして、明治半ばの出雲漢詩について解説していただきました。
 漢詩というと、あまり馴染みがない人が多いかもしれませんが、今回のお話を聞いて、大変、奥深く、文学的教養が求められる一方で、ユーモアに富んだ世界だということが分かりました。

旧ドイツ人教師宿舎で「クリスマスを通じてドイツ文化を体験しよう♪」を開催

 本日午前中は、戦前、松江高校ドイツ人教師ご一家が暮らされた島根大学旧奥谷宿舎で、子どもミュージアム体験教室「クリスマスを通じてドイツ文化を体験しよう♪」を開催しました。 

 まず、島根大学外国語教育センターの大薗正彦先生とローランド・シュルツ先生から、ドイツ国のクリスマスの様子について、スライドでご説明いただきました。 

 後半は、ドイツ人留学生の指導のもと、アドベント・カレンダー(クリスマスを迎えるまでの期間中、ひとつずつ日付の窓を開けると、お菓子などが入っているしかけのあるカレンダー)を制作したり、ドイツが発祥であるクリスマスツリーの飾り付けをしたりしました。 
 また、ドイツから買ってこられたドイツ風クリスマスケーキなども賞味して、和気あいあいと本場ドイツ流クリスマスの雰囲気を味わいました。 

 小学生の子供たちにとって、ドイツ人の先生や留学生と触れあえたことは、大変、貴重な体験であったと思います。 
 島根大学旧奥谷宿舎は、大正時代、日本とドイツとの国際交流が行われた場所です。21世紀の現代に、再びこの地で、日独国際交流が、ささやかながら行われることができて、大変意義のある体験講座になりました。



2009年12月5日土曜日

島根大学公開講座で「カネモリ醤油(森山勇助商店)」を見学

 12/5(土)は、島根大学公開講座「第5回・島根まるごとミュージアム体験ツアー・商工業の町・松江市石橋町の酒蔵・醤油蔵をめぐる」で、島根大学旧奥谷宿舎の近くにある「カネモリ醤油(森山勇助商店)」の醤油蔵を見学させていただきました。
  カネモリ醤油は、明治8年創業の老舗の蔵元です。こちらの醤油は、手間と愛情を込めた手作りのもので、大変香りが高いことで、東京方面でも知られています。 赤壁の蔵は壮観です。 もろみの赤を表しているといわれています。 建物は明治8年のもので、大黒柱や梁も立派です。 吉野杉で作られた仕込み桶は80もあります。柱や梁、天井には、永い年月のうちに麹菌が住み着き、白くなっています。ここから、香り高い醤油が生まれます。「気」にあふれ、非常に神秘的な空間でした。
  今回は、特別に1時間半にわたって、工場のなかをご丁寧に説明していただきました。 カネモリ醤油様には、本当にお世話になりました。