2010年6月30日水曜日

「みのりの小道」in島根大学旧奥谷宿舎

 6/30(水)午後から、島根大学旧奥谷宿舎裏庭で生物資源科学部による「みのりの小道」が開催されました。 

 この日は、ベジタブルガーデンの草刈りをしたり、クロタラリアの種蒔きをしたりしました。 

 春に植えたムギやジャガイモも大きくなっていました。いずれ、収穫祭なども計画されているそうです。 

 また、奥谷宿舎の近くにある田原神社(春日神社)では、丁度、「夏越(なごし)の祓(はらえ)」が執り行われていました。太鼓の音が、本格的な夏の到来を告げているようでした。



2010年6月29日火曜日

第24回島根大学ミュージアム市民講座「メコン川流域の古代遺跡」

 第24回島根大学ミュージアム市民講座を下記の通り、開催いたします。 
 今回は、東南アジアのラオスやベトナムなどにある、メコン川流域に展開した古代遺跡についてのお話です。 
 皆様のご参加をお待ちしています。 

 * 

講師:会下和宏(島根大学ミュージアム副館長/准教授) 
日時:平成22年7月17日(土) 午後1:00~2:30 
場所:城北公民館 第1・2研修室(松江市北堀町43) 
その他:参加費無料。お申込み不要。 

古代寺院・ワットプー(ラオス国)
メコン川の夕日(ラオス国) 

2010年6月26日土曜日

第23回島根大学ミュージアム市民講座「東南アジア(インドネシア)、西アフリカ(マリ、ニジェール)、中央アメリカ(メキシコ)の自然環境と農業」開催しました。

 6月26日(土)は、第23回島根大学ミュージアム市民講座を開催しました。 

 今回は、増永二之先生(島根大学生物資源科学部教授)に、世界各地の多様な自然環境とそれに即した農業のお話を、たくさんの貴重なスライド写真をまじえてお話していただきました。 

 増永先生は、以前はJICAの青年海外協力隊でインドネシアや西アフリカのニジェールなどに行かれて、現地で農業指導をされていました。 

 また、最近はアフガニスタンのほうにも行かれておられました。現在もテロが起こったりと危険な状態が続いているそうです。 

 世界にはまだ、たくさんの発展途上国があり、貧しい生活を送っている人々がいます。食糧生産の増加につながる、こうした農業指導こそ、真に必要な国際貢献になることを、お話を聞いて実感しました。

2010年6月23日水曜日

島大の洋館で島根大学写真部「水無月展」、開催中です。

島根大学写真部の作品展水無月展が本日から開催されています。 

島根大学旧奥谷宿舎を会場にして、島根大学学生が開催する初の展示会です。たくさんの方々が来てくれることを祈っています。




会期:平成22年6月23日(水)~30日(水) 10:00~17:00 (会期中は休まず開催)

会場:島根大学旧奥谷宿舎(松江市奥谷町140)≫
http://museum.shimane-u.ac.jp/okudani.html

主催:
島根大学写真部

その他:
・入館無料
・駐車場に限りがございますので,なるべく公共交通機関でご来館ください。

夜遅くまで準備する写真部学生たち。ライティングをどうするか議論しているところ。
2階多目的室の展示風景
2階多目的室の展示風景

2010年6月21日月曜日

夏休み子供ミュージアム体験教室「探検!サルガ鼻洞窟遺跡」参加親子募集中!

夏休み子供ミュージアム体験教室「探検!サルガ鼻洞窟遺跡」、参加親子募集中! 

中海の水辺にある「サルガ鼻洞窟遺跡」(松江市美保関町、≫http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/search_detail.php?id=315...)。ここは縄文時代(約6000年~4000年前)の人たちがくらしていたところです。 
いっしょにサルガ鼻洞窟遺跡へ行って、縄文人の生活にせまってみませんか? 

* 

日時 :2010(平成22)年8月2日(月) 10:00~12:00 
*悪天候の場合は中止 

集合場所:島根大学汽水域研究センター中海分室(松江市八束町) 

対象 :小学生3年生以上の親子 7組 

内容 : 
島根大学汽水域研究センター中海分室から船に乗ってサルガ鼻遺跡へ行きます。 
実際に洞窟の中に入って遺跡を探検するなど、縄文人の生活にせまります! 

遺跡までは船で行きます。
洞窟内部の様子です。
講師 :会下和宏(島根大学ミュージアム副館長/准教授)

参加費 :お一人様 500円(保険料ほか)

応募方法:
往復はがき または 電子メールにて
住所・参加者氏名(子ども・大人)・学年・電話番号を明記のうえ、平成22年7月20日(火)(当日必着)までに申込先までご応募をお願いいたします。
*応募多数の場合は抽選になります

申込先 :【住所】 〒690-8504 島根県松江市西川津町1060
島根大学ミュージアム(担当:田中)
【電子メール】 
igawa@riko.shimane-u.ac.jp

【主催】島根大学ミュージアム
【共催】島根大学汽水域研究センター

2010年6月19日土曜日

フィールド授業で博物館・遺跡見学

 19日(土)は、島根大学法文学部などが中心になって開講しているフィールド授業にミュージアム教員も加わり、宍道湖や出雲平野にある遺跡・博物館などを見学してまわりました。 

 コースは、以下の通りで、かなり充実した内容でした。 
島根大学→平田愛宕山公園→木綿街道(http://momen-kaidou.jp/)→青木遺跡(http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/search_detail.php?id=587...)→出雲大社(http://www.izumooyashiro.or.jp/)→県立古代出雲歴史博物館→出雲弥生の森博物館(http://www.city.izumo.shimane.jp/icity/browser?ActionCode...)→西谷墳墓群→後谷Ⅴ遺跡→荒神谷遺跡 

 出雲弥生の森博物館では、お忙しいなか、館長先生に丁寧に展示の解説をしていただきました。 

 学生たちは、普段行けない場所に行って見学することができ、改めて出雲の歴史や文化を体感できたのではないかと思います。 

関連記事(島根大学HPトピックス)≫http://www.shimane-u.ac.jp/index.php?option=com_content&t... 



2010年6月14日月曜日

第23回ミュージアム市民講座「東南アジア(インドネシア)、西アフリカ(マリ、ニジェール)、中央アメリカ(メキシコ)の自然環境と農業」

 今回の講座では、世界各地の自然環境とそれに即した農業の様子について,スライドを多く用いながらお話していただきます。 
 多くの方々のご参加をお待ちしています。 

     
講師:増永二之(島根大学生物資源科学部教授) 
     
日時:平成22年6月26日(土) 午後1:00~2:30 
      
場所:城北公民館 第1・2研修室(松江市北堀町43) 

対  象 市民一般・大学生・高校生など、どなたでも受講できます。 

その他 
・参加費無料。       
・参加申込み不要          
・会場までは、なるべく公共交通機関をご利用下さい。 

主催 島根大学ミュージアム 
共催 島根大学生涯学習教育研究センター 

お問合せ先 島根大学ミュージアム(TEL・FAX:0852-32-6496、E-Mail:museum@riko.shimane-u.ac.jp

2010年6月9日水曜日

「シュタイナー教育の現場より・私の手のはたらき~生活科」

 島根大学旧奥谷宿舎で下記の催し物が開催されますので、ご案内いたします。 
 戦前、宿舎に暮らしたフリッツ・カルシュ博士は、わが国にシュタイナー哲学を紹介した人物です。これにちなんだ催し物です。 

 * 

日時:平成22年6月13日(日) 10:00~17:00 

場所:島根大学旧奥谷宿舎 1階多目的室 

内容:作品展示・ワークショップ  

参加費:無料 

主催:島根シュタイナーの会≫http://www.geocities.jp/shimanesteiner/index.html 

詳細はこちら≫http://www.geocities.jp/shimanesteiner/osirase3/okudaniiv...

2010年6月5日土曜日

島根大学写真部「水無月展」開催のご案内

 島根大学写真部の展覧会が、島根大学旧奥谷宿舎で開催されますので、ご案内いたします。 
 学生達の若い感性で切り取られた「ひとコマ」をご鑑賞ください。 

 * 


会期:平成22年6月23日(水)~30日(水) 10:00~17:00 (会期中は休まず開催) 

会場:島根大学旧奥谷宿舎(松江市奥谷町140) 
   ≫http://museum.shimane-u.ac.jp/okudani.html 

主催:島根大学写真部 

その他: 
・入館無料 
・駐車場に限りがございますので,なるべく公共交通機関でご来館ください。