2011年1月22日土曜日

第30回島根大学ミュージアム市民講座「弥生・古墳時代の地域と集団-出雲地域を中心に-」開催

 1月22日(土)、島根大学ミュージアム市民講座「弥生・古墳時代の地域と集団-出雲地域を中心に-」を開催しました。今回で30回目の講座になります。 

 この日は、古代出雲シリーズの第3弾として、岩本崇先生(島根大学法文学部准教授・島根大ミュージアム兼任研究員)から、弥生時代~古墳時代前期の出雲の地域集団についてお話をいただきました。 

 出雲地域につくられた弥生墳墓や古墳などの状況から、どのように地域集団や社会をとらえることができるのかという内容でした。物言わぬ考古資料からこうした分析をおこなうのは大変難しいことです。 

 岩本先生は、「まだまだ、やらなければならない課題が山積している・・・。」ともおっしゃっていました。 

 次回は、2/5(土)です。ご期待ください。≫http://sumuseum.blogspot.com/2011/01/31.html



2011年1月20日木曜日

島根大学法文学部言語文化学科・芸術学演習成果発表「七色八雲 百二十年の響鳴」好評開催中!

 先週土曜日から、島根大学法文学部言語文化学科・芸術学演習成果発表「七色八雲 百二十年の響鳴」が開催されています。 

 島根大学法文学部言語文化学科の学生が装丁した小泉八雲作品に関連する写真集や写真パネルなどが美しく展示されています。 

 さすが芸術学演習を受講する学生だけあって、センスある作品が並んでいます。 

 ご来館をお待ちしています。 


会期:平成23年1月15日(土)~2月6日(日) 土日のみ 10:00~17:00 

会場:島根大学旧奥谷宿舎(島根大学サテライトミュージアム、松江市奥谷町140) 

主催:島根大学法文学部言語文化学科 伊集院研究室 

その他: 
・入館無料 
・駐車場 建物正面2台分、付近に第2駐車場あり


第31回島根大学ミュージアム市民講座「考古学からみた『出雲国風土記』と出雲国府」(まつえ市民大学連携講座)

 古代出雲講座シリーズ第4弾です。 
 今回は、奈良時代に編纂された『出雲国風土記』や松江市南部にある当時の県庁・出雲国府(http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/search_detail.php?id=143...)について、考古学の立場から分かりやすく解説していただきます。 

講師:大橋泰夫(島根大学法文学部教授・島根大学ミュージアム兼任研究員) 

日時:平成23年2月5日(土) 午後1:00~2:30 

場所:松江スティックビル(松江市白潟本町43番地) 501・502研修室 

主催:島根大学ミュージアム・島根大学萌芽研究プロジェクト「『出雲国』成立過程における地域圏の形成と展開に関する総合的研究」 

共催:島根大学生涯学習教育研究センター・島根大学法文学部山陰研究センター 

その他: 
・参加申込み不要 
・参加費無料 
・受講者は、スティックビル駐車場料金が無料になります。



2011年1月8日土曜日

第30回島根大学ミュージアム市民講座「弥生・古墳時代の地域と集団-出雲地域を中心に-」(まつえ市民大学連携講座)

古代出雲講座シリーズ第3弾です。今回は弥生時代~古墳時代の出雲について解説していただきます。ご期待下さい。 

講師:岩本 崇(島根大学法文学部准教授・島根大ミュージアム兼任研究員) 

日時:平成23年1月22日(土) 午後1:00~2:30 

場所:松江スティックビル(松江市白潟本町43番地) 501・502研修室 

主催:島根大学ミュージアム・島根大学萌芽研究プロジェクト「『出雲国』成立過程における地域圏の形成と展開に関する総合的研究」 

共催:島根大学生涯学習教育研究センター・島根大学法文学部山陰研究センター 

その他: 
・参加申込み不要 
・参加費無料 
・受講者は、スティックビル駐車場料金が無料になります。


2011年1月4日火曜日

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます。 
本年も、「地域貢献によって、地域から支えられる大学」を実現すべく、ミュージアム活動に邁進していくつもりです。様々なイベント・展示などを準備しておりますので、どうぞよろしくお願い致します。 

■ミュージアム本館  1月4日(火)から開館中(平日のみ開館) 
■サテライトミュージアム(島根大学旧奥谷宿舎)  1月8日(土)から(土日祝日のみ開館)・・・企画展「ラオスの伝統工芸展」1/10まで 
記録的な大雪の島大キャンパス
島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)の近くにある田原神社の干支が乗った灯籠