2015年1月31日土曜日

第75回島根大学ミュージアム市民講座「横穴式石室にみる古墳時代後期の地域関係~九州・山陰・近畿」を開催

 本日、第75回島根大学ミュージアム市民講座「横穴式石室にみる古墳時代後期の地域関係~九州・山陰・近畿」を開催しました。この講座は、平成26年度島根大学ミュージアム市民講座第3ステージ「出雲における文化交流の歴史」の第2弾になります。

 今回は、角田徳幸博士(島根県教育委員会・島根大学嘱託講師)に講師となっていただき、古墳時代後期(6世紀頃)の出雲地域の古墳でみられる横穴式石室について解説をしていただきました。

 出雲地域の横穴式石室のうち、薄井原古墳(松江市)のものは、石室入口に付く羨道(せんどう)が片側に寄っている片袖式と呼ばれています。これは、京都府の物集女車塚古墳と形態が似ていることから、近畿勢力との結びつきが想定されています。

 一方、出雲東部では、大きな板石を壁や天井にした横穴式石室が特徴的に分布しています。これは、石棺が大型化して石室になったようにみえることから石棺式石室と呼ばれています。飯梨岩舟古墳(安来市)や古天神古墳(松江市)が有名です。出雲の石棺式石室は、熊本県にある宇賀岳古墳など、肥後の石室と類似した要素がみられ、この地域から伝播してきたものと考えられています。このことから、当時、肥後と出雲との間に何等かの政治的な関係が想定されているようです。

 以上のように、古墳時代後期において、様々な地域間交渉があったことが、横穴式石室の形態から読み取ることができます。参加者からは多くの質問がなされ、関心の高さがうかがえました。

 次回は、中世出雲に見るもうひとつの出雲神話-日本海からインドへ-」(2/21)です。ご参加をお待ちしております。
 

2015年1月28日水曜日

【本日の団体客】雲南市の皆様

本日は、雲南市の皆様がミュージアム見学されました。寒い中、ありがとうございました。

2015年1月27日火曜日

【島根大学の貴重標本類28】師範学校附属小学校で使用されていた石盤

 
 
写真は、島根大学教育学部附属幼稚園に保管してあった石盤です。

もともとは、島根県師範学校附属幼稚園か小学校で使用されていたものと推定される、本学の貴重な教育史資料です。

石盤は、ノートと鉛筆が普及する大正時代頃まで、小学校などで使用されていました。

ちょうどサイズやデザインが、iPad mini のようです。

2015年1月20日火曜日

教育学部附属幼稚園から戦前の幼児向け教材を移管

本日、島根大学教育学部附属幼稚園より、貴重な戦前の幼児向け教材や絵本・教科書などを寄贈していただきました。

幼稚園の先生方総出で、搬出作業をお手伝いいただきました。お忙しいなかにも関わらず、どうもありがとうございました。

整理したうえで、近日中に展示公開していきたいと考えています。

幼児向け教材

昭和初期の絵本

2015年1月15日木曜日

第75回島根大学ミュージアム市民講座「横穴式石室にみる古墳時代後期の地域関係~九州・山陰・近畿」

平成26年度島根大学ミュージアム市民講座第3ステージ「出雲における文化交流の歴史」の第2回です。どなたでもお気軽にご参加ください。

日 時:平成27年1月31日(土) 13:00~14:30
会 場:松江スティックビル(松江市白潟本町43番地) 松江市市民活動センター 201・202研修室
講 師:角田徳幸 博士(島根県教育委員会・島根大学嘱託講師)
主 催:島根大学ミュージアム・島根大学古代出雲プロジェクトセンター
共 催:まつえ市民大学

対 象:市民一般、高校生
参加費:無料

その他:
・申込み不要
・受講者は、スティックビル駐車場料金が1日¥200に割引になります。



2015年1月14日水曜日

絵画展「良子の世界~笑顔がいっぱい~ II」のご案内

絵画展「良子の世界~笑顔がいっぱい~ II」のご案内

大正時代の洋館・島根大学旧奥谷宿舎で絵画展を開催いたします。
ご来館をお待ちしております。

 会期 平成27年2月28日(土)~3月1日(日)  10:00~17:00
 会場 島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム) 地図
その他 入館無料

2015年1月4日日曜日

新年おめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。昨年中はいろいろとお世話になり心よりお礼申し上げます
島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)は、本日から開館しております。初詣の際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。
島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)近くにある春日神社の石灯篭

島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)