2015年8月29日土曜日

第81回ミュージアム講座「山・川と古代人の信仰」(まつえ市民大学連携講座)を開催しました。

 本日午後、第81回ミュージアム講座「山・川と古代人の信仰」(まつえ市民大学連携講座)を開催しました。
 この講座は、平成27年度島根大学ミュージアム市民講座第1ステージ「山と川をめぐる自然史と文化史」の最終回になります。今回の講師は、当館の会下和宏准教授でした。

 まず、文化人類学者サーリンズの言葉を引用し、人間社会にとって、神や神話、儀礼の実施が、社会の結合力を高めるうえで重要であるという説明がありました。そして、そうした視点から島根県内にある山や川と祭祀の様々な事例について、具体的な解説がありました。
 奈良時代の『出雲国風土記』に、秋鹿郡の神名火山(カムナビ山は、神のいます山)と記述されている松江市朝日山には、麓に佐太神社、山頂付近に朝日寺などの社寺がみられます。また麓や周囲には、弥生時代の青銅器埋納遺跡や古墳、琴が出土した古墳時代の祭祀遺跡などが存在しています。また、鹿島町古浦集落では、朝日山から採ってきた木を正月の歳棚飾りに使ったり、朝日山山頂で雨乞いの祈祷をしたりするなどの民俗事例がみられ、朝日山に対する信仰をうかがうことができます。
 また、松江市八雲町の雨乞山を遥拝できる前田遺跡では、古墳時代の琴や勾玉などが出土しています。ここでも山が見える場所で祭祀を行っていたことがうかがえます。
 『出雲国風土記』に意宇郡の神名備野とある松江市茶臼山でも、山を遥拝できる場所に山代二子塚古墳などの古墳が分布しており、山を意識した場所に古墳が造られたことがうかがえます。また、少し離れた丘陵上に3重環濠をめぐらせた弥生時代の田和山遺跡からは、茶臼山を望むことができ、推測の域を出ないものの何らかの関連があるのではないかという仮説も出されました。
 楯縫郡の神名備山である出雲市大船山では、『出雲国風土記』に多伎都比古命の御魂とされる大岩があると書かれています。現在の鳥帽子岩と推定されるこの大岩で雨乞いをすると必ず雨が降ると記述されており、周囲からは、弥生時代や古墳時代の土器も見つかっています。奈良時代をさかのぼる時代から、岩の周囲で祭祀が行われていたことが推測されます。
 大田市三瓶山については、山頂で雨乞い祈願をしたり、山頂付近の湧水を集落の水田の水口に注いだりする民俗事例があります。江津市桜江町の甘南備寺山では、盆花をこの山から採ったり、カリイシ(借石)という小石を山から拾って出征の際、持参していたという事例がみられます。
 また、石見国で亡くなったとされる歌人・柿本人麻呂の作品をはじめとした『万葉集』の挽歌などを分析すると、古代人は、死ぬと霊魂が山や天など高い場所に行くという他界観をもっていたようです。

 以上のような山に関わる遺跡や民俗事例から、古代人にとって山とは、水霊・穀霊・祖霊が宿る場所であると認識されていたようです。山がランドマークとなりやすいという景観上の理由や田畑を潤す水の源であったという認識がこうした観念の形成と関連していたのかもしれません。
 
 10月からは新シリーズ「遺跡から探る『古代出雲』の成り立ち」が始まります!ひきつづき、よろしくお願い致します。

2015年8月28日金曜日

ミュージアム本館の庭

台風が過ぎ、一昨日から随分と涼しくなりました。
ミュージアム本館の庭では、生物資源科学部の学生さんが、植物を植えて、整備してくれています。
隠岐の稀少品種のようです。大分育ってきました。


2015年8月12日水曜日

本日の島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)

 本日は、終日曇りの天気で、午後は雨が降るなど、比較的過ごしやすい1日でした。
 
 島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)で開催中の企画展「洋館で見る出雲地域の化石展」 にもたくさんの方がいらっしゃいました。
 
 お盆前のせいか、近くの萬寿寺や桐岳寺にお墓詣りに来られたあとに立ち寄られる方もおられました。また、松江北高校の生徒さんが、文化祭のポスター配布にも来てくれました。早速、掲示しておきました。頑張ってください!
 
 13日(木)、14日(金)はお盆のため、休館します。15日(土)以降は、頑張って30日(日)まで毎日開館します。ひきつづき、よろしくお願い致します。


























2015年8月10日月曜日

お盆前後の休館日のお知らせ

島根大学ミュージアム本館、島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)の開館日・休館日は下記の通りとなります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

島根大学ミュージアム本館展示室
8月12日(水) お盆休みのため臨時休館
8月13日(木) お盆休みのため臨時休館
8月14日(金) お盆休みのため臨時休館
8月15日(土) 休館日
8月16日(日) 休館日
8月17日(月) 通常通り開館
8月18日(火) 臨時休館
8月19日(水) 臨時休館
8月20日(木) 臨時休館
8月21日(金) 通常通り開館

 ◆島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)
8月12日(水) 開館
8月13日(木) お盆休みのため休館
8月14日(金) お盆休みのため休館
8月15日(土)~8月30日(日) 毎日開館

ただいま、島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)にて、企画展「洋館で見る出雲地域の化石展」 開催中です!

ミュージアム・カレンダー≫

2015年8月9日日曜日

オープンキャンパスでミュージアム本館特別開館

8/8(土)~8/9(日)は、島根大学オープンキャンパスが開催されました。
ミュージアムでは、これにあわせて特別開館し、「ミュージアム展示クイズに答えて島大グッズをもらおう!」 を開催しました。
学生によるキャンパスツアーで、ミュージアムもコースの中に組み入れてもらったおかげで、2日間で134名の来館がありました。
どうもありがとうございました。

本日は、長崎原爆の日

本日は、長崎に原爆が投下されてから70年目の日になります。
島根大学の先輩でもある永井隆博士は、自身が被爆されながらも懸命に救護活動にあたられ、その後、『長崎の鐘』『この子を残して』などの著作を通して、平和を希求されました。
私たち後身は、改めて、永井博士の意志を引き継ぎ、平和の大切さについて再認識したいと思います。
永井隆博士が母校(島根大学)に寄贈された『長崎の鐘』(島根大学附属図書館所蔵)

2015年8月8日土曜日

夏休み子どもミュージアム体験教室パート2「縄文人が暮らした洞窟遺跡を船で探検してみよう!」を開催しました!!

本日午後は、夏休み子どもミュージアム体験教室パート2「縄文人が暮らした洞窟遺跡を船で探検してみよう!」を開催しました!!

今回は、午前中に引き続き島根大学汽水域研究センター江島分室から、調査船で足立技能補佐員の操縦のもと、国史跡・サルガ鼻洞窟遺跡へわたりました。

そして、内部の洞窟を見学し、大きさを測ったり、遺跡の状況や遺跡からの眺めをスケッチしたりしました。現地では、どうして縄文人がここに暮らしたのか、児童に考えてもらいました。

考古学は現地に訪れることが基本です。そのことを身をもって理解してくれたと思います。

本日は、真夏のもっとも暑い日でしたが、船上では、波しぶきや潮風が心地よく、児童たちにとっては、日常ではできない体験になったのではないかと思います。2015年の夏休みが、子供たちにとって印象に残るものになってくれれば幸いです。

熱中症などの事故もなく、無事終了しました。午前中とあわせて4往復も船を操縦していただいた島根大学汽水域研究センターの足立技能補佐員にも感謝いたします。
いざ出航!

波しぶきがかかっても心地良いです。


前方の岬が遺跡です。

ブッシュをかき分け、気分はインディ・ジョーンズです。

洞窟内部

第11回島根まるごとミュージアム体験ツアー「国史跡の縄文時代洞窟遺跡を訪れる」を開催しました!

 本日午前中は、島根大学公開講座・第11回島根まるごとミュージアム体験ツアー「国史跡の縄文時代洞窟遺跡を訪れる」を開催しました。

 スケジュールは以下の通りです。
8:50~9:00 島根大学山陰地域資料展示室でサルガ鼻洞窟遺跡出土の縄文土器を見学。
9:00~10:00 バス 島根大学発 → 権現山洞窟遺跡見学 → 汽水域研究センター江島分室
10:00~12:30 江島分室 → サルガ鼻洞窟遺跡 → 江島分室 (2往復)
12:30~13:00 バス 江島分室 → 島根大学

 今回は、中海北岸の島根半島にある国史跡の縄文遺跡を2ヶ所見学しました。まず、権現山洞窟遺跡を見学したあと、島根大学の目玉研究のひとつである汽水域研究センターの調査拠点・江島分室に移動しました。そこから、センター所有の調査船で、足立技能補佐員の操縦のもと、サルガ鼻洞窟遺跡へわたりました。

 ベタふみ坂で有名な江島大橋をくぐり、しばらく航行すること約15分、サルガ鼻洞窟遺跡に到着します。この遺跡は、有名な縄文遺跡なのですが、道がなく、船でしか行けないため、実際に見た人は少ない場所です。

 ブッシュをかき分けて、坂を少し上ると洞窟が口を開けています。内部は、奥行き約40mほどです。中にはいるとヒンヤリしていて、天然のクーラーのようです。縄文人もきっと快適に過ごしていたことでしょう。

 縄文人がなぜ、この洞窟に暮らしたのか?何人くらいいたのか?どんな暮らしをしていたのか?などを現地を訪れて、みんなで一緒に考えました。
権現山洞窟遺跡

島根大学汽水域研究センターの調査船で出航!

ベタ踏み坂の橋を下から仰ぐ

サルガ鼻洞窟遺跡に到着

ジャングルをかき分けて進む

サルガ鼻洞窟遺跡。中はヒンヤリ

2015年8月6日木曜日

平成27年度島根大学ミュージアム市民講座第2ステージ「遺跡から探る『古代出雲』の成り立ち」(兼:まつえ市民大学連携講座・島根大学COC事業)

 古代の律令体制整備に伴って、明確に現れてくる「出雲国」は、どのように成立したのでしょうか?
 先史・古代の遺跡をもとに、様々な視点から読み解いていきます。

主催 島根大学ミュージアム・島根大学古代出雲プロジェクトセンター
201・202研修室
対象 市民一般・高校生
その他 
 ・連続の聴講が望ましいですが、1~数回のみのご参加も可能です。
 ・参加費無料
 ・申込み不要
 ・受講者は、スティックビル駐車場料金が1日¥200に割引になります。


■第82回「弥生集落の動向からみた出雲地域の成り立ち」
 講師:会下和宏(島根大学ミュージアム准教授・副館長)
 日時:平成27年10月31日(土) 13:00~14:30

■第83回「出土文字資料からみた『古代出雲』 -墨書・刻書土器を中心に-」
 講師:高橋 周(出雲弥生の森博物館専門研究員・島根大学古代出雲プロジェクトセンター研究員)
 日時:平成27年11月7日(土) 13:00~14:30

■第84回「出雲国府と出雲国誕生」
 講師:大橋泰夫(島根大学法文学部教授・島根大学古代出雲プロジェクトセンター長・島根大学ミュージアム兼任研究員)
 日時:平成27年12月5日(土) 13:00~14:30

■第85回「石棺式石室と黄泉の国訪問譚 -九州・山陰・畿内とその境界-」
 講師:岩本 崇(島根大学法文学部准教授・島根大学ミュージアム兼任研究員)
 日時:平成28年2月20日(土) 13:00~14:30

■第86回「先史・古代東アジア海域交流の一側面 -朝鮮半島・北部九州・山陰-」
 講師:平郡達哉(島根大学法文学部准教授・島根大学ミュージアム兼任研究員)
 日時:平成28年3月19日(土) 13:00~14:30

新しく始まる平成28年度市民講座はこちら!


http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/coc/index.htm http://www.coc.shimane-u.ac.jp/

原爆投下から70年

 本日、8月6日は、広島に原爆が投下されてから、70年目の日になります。ミュージアムの教職員も広島の方角に向かって黙とうしました。

 亡くなった多くの方々に謹んで哀悼の意を表し、そうした犠牲のうえに今日の日本の平和があることを改めて再認識したいと思います。そして、どうしたらわが国や世界の平和を構築し、維持していけるのか、改めて考える日にしたいと思います。

2015年8月4日火曜日

夏休み子どもミュージアム体験教室「宍道湖・中海の水底に棲む生物を観察しよう!」を開催しました。

 本日、夏休み子どもミュージアム体験教室「宍道湖・中海の水底に棲む生物を観察しよう!」を開催しました。今回の講師は、宍道湖・中海の生物に詳しい島根大学研究機構汽水域研究センターの倉田健悟先生でした。

 今回は、宍道湖・中海の底にどのような生物が生息しているのかを調査し、そこから水環境を考えるという内容でした。
 最初に、スライドで説明を受けたあと、実際の体験実習に移りました。まず、前日に倉田先生が、宍道湖・大橋川・中海の各地点に出航し採取された泥のサンプルを、水中選別し、そこで得られた試料から、ピンセットで貝類などを取り出していきます。
 すると数mmから2cm程度ある大小のヤマトシジジミ・ホトトギスガイなどがたくさん見つかりました。なかには、宍道湖固有のシンジコスナウミナナフシという体長1.5cmほどの円筒形をした節足動物を発見する子供もいました。
 採取した生物は、種類ごとに個体数をカウントして、資料カードに記述しました。そして、宍道湖・大橋川・中海などのそれぞれの地点の塩分濃度や水深によって、そこに生息する生物の種類が異なることを理解することができました。

 子どもたちは、夢中になって顕微鏡を扱いながら、生物を観察し、歓声をあげていました。大学の研究室のなかで、異なる学校や年齢の児童、その保護者の方々が、コミュニケーションをはかりながら、実習に取り組んでもらうことで、大学ミュージアムならではの博物館教育を実践することができたと思います。これをきっかけに、宍道湖・中海という身近であり、かつ貴重な汽水域環境について理解してもらい、さらに地元大学における地域に根ざした汽水域研究の取り組みについても興味関心をもってもらえれば幸いです。
 講師を務めていただいた倉田先生、ご参加いただいた皆様に感謝いたします。