2015年10月31日土曜日

第82回ミュージアム講座「弥生集落の動向からみた出雲地域の成り立ち」(兼:まつえ市民大学連携講座・島根大学COC事業)を開催しました。

 10/31(土)、第82回ミュージアム講座「弥生集落の動向からみた出雲地域の成り立ち」(兼:まつえ市民大学連携講座・島根大学COC事業)を開催しました。

 この講座は、島根大学古代出雲プロジェクトセンターのメンバーがリレー形式で講義する、平成27年度島根大学ミュージアム市民講座第2ステージ「遺跡から探る『古代出雲』の成り立ち」の初回です。

 今回は、ミュージアム准教授の会下和宏博士が講師を務めました。内容は、島根県東部や鳥取県西部の弥生時代集落遺跡の動向から、「出雲」という地域がどのように形成されていったのかという話でした。

 まず土器の形という視点からみると、弥生後期頃から「山陰系土器様式」という独特の弥生土器が作られるようになり、山陰において人・モノ・情報の交流緊密化がうかがえるという説明がありました。また、銅剣・銅鐸などの弥生青銅器や四隅突出型墳丘墓の分布から、出雲では、各平野の集団ごとに祭祀が執り行われ、そうした集団同士が、ゆるやかにまとまりをなしていたようです。

 次に集落の変遷についての説明がありました。出雲臨海部では、特にや紀元後1世紀の弥生後期以降、遺跡数が増え、人口が増加したことが予想されるそうです。
 出雲平野では、島根大学出雲キャンパスの近くにある出雲市古志本郷遺跡天神遺跡のように、主に紀元前1世紀頃の弥生中期後葉頃から環濠集落というムラの周りに溝をめぐらせた遺跡がみられるようになっていきます。また、松江市田和山遺跡のように弥生中期末で廃絶する遺跡や米子市妻木晩田遺跡のように弥生後期に盛行する遺跡などがあるとのことでした。
 一方、安来市や伯耆大山周辺では、主に弥生後期以降、丘陵の斜面や丘陵上に集落が形成されるようです。これは、人口増加に伴って土地を求めた結果と考えられるほか、他集団の襲撃に備えるためとみる説もあるようです。

 以上のように、島根県東部などでは約2000年前頃から人口増加に伴って遺跡数も多くなっていきます。そして、各小地域ごとに自立的な集団が分立するようになりますが、祭祀や流通などの面で横のつながりも有していました。こうしたゆるやかな連帯が、イメージとして「魏志倭人伝」の記事にみられるような倭の「三十国」のひとつとして捉えられた可能性もあるとのことでした。

 そして後の古墳時代には、さらに政治的に統合が進展し、8世紀の律令体制下の「出雲国」につながっていくというまとめで、講座の締めくくりとなりました。

10月最終日の島根大学松江キャンパス







10月最終日の島根大学松江キャンパスは、木々がだいぶ色付いてきました。日一日と秋が深まり、冬の足音が近づいてくる、静かな土曜日のキャンパスの様子です。

「島根大学旧奥谷宿舎(旧制松江高校外国人宿舎)」のちぎり絵を寄贈いただきました。

「島根大学旧奥谷宿舎(旧制松江高校外国人宿舎)」のちぎり絵を寄贈いただきました(写真左側)。
屋根がトタンでイチョウの木があることから、だいたいですが昭和40年代から50年代頃の様子かと考えられます。
作品は、島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)で展示させていただきます。ありがとうございました。

2015年10月30日金曜日

教養授業「島大ミュージアム学」で城下町歩き

本日の教養授業「島大ミュージアム学」では、学生たちと大学近くの松江市石橋町・奥谷町の城下町歩きをしました。
路地や古い建物が迷路状に入り組んだ城下町の魅力を感じてもらい、景観の保護や今後の発展のあり方についてレポートしてもらいました。



2015年10月29日木曜日

第82回ミュージアム講座「弥生集落の動向からみた出雲地域の成り立ち」(兼:まつえ市民大学連携講座・島根大学COC事業)のご案内【10/31】

 島根大学古代出雲プロジェクトセンターのメンバーがリレー形式で講義する、平成27年度島根大学ミュージアム市民講座第2ステージ遺跡から探る『古代出雲』の成り立ち(兼:まつえ市民大学連携講座・島根大学COC事業)の初回です。
 今回は、弥生時代の集落遺跡の動向から「出雲」地域の形成過程について考えます。
 どなたでもご予約なしで聴講できます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

主催 島根大学 学術情報機構 ミュージアム・島根大学古代出雲プロジェクトセンター
共催 まつえ市民大学
対象 市民一般、高校生
講師 会下和宏 博士島根大学ミュージアム副館長・准教授
日時 平成27年10月31日(土) 13:00~14:30
場所 松江スティックビル (松江市白潟本町43番地) 松江市市民活動センター 201・202研修室
その他 
 ・参加費無料
 ・申込み不要
 ・受講者は、スティックビル駐車場料金が1日¥200に割引になります。
 

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/coc/index.htm http://www.coc.shimane-u.ac.jp/

2015年10月24日土曜日

第4回くにびきジオパーク・プロジェクト探訪会「島根半島中央部,佐香地域の自然・歴史・文化」

 島根大学くにびきジオパークプロジェクトセンター主催による第4回くにびきジオパーク・プロジェクト探訪会「島根半島中央部,佐香地域の自然・歴史・文化」にミュージアム教員も講師で参加しました。
 今回のコースは、出雲市の島根半島日本海側にある海岸や神社でした。
 まず、小伊津海岸では、白い砂岩と黒い泥岩が互層になった洗濯岩の海岸を見学しました。この地層は、約1400万年前に水深500mの海底で堆積したものです。泥と砂が交互に堆積することで、綺麗な縞々になったわけです。
 次に佐香コミュニティセンターで地元の歴史や伝説に詳しい方のお話を聞きました。地元のべべ貝がはいった弁当やテングサのトコロテンもいただきました。
 午後は、謎の海岸といわれる赤浦海岸を見学しました。幸いにも坂浦から船に乗ることができ、地蔵鼻や百丈ヶ滝の景観や断崖の断層なども観察することができました。赤浦海岸では、緑色・赤色・褐色の流紋岩や黒色の安山岩の円礫が分布していました。なぜこの入江だけ、色とりどりの石があるのか、ちょっとしたミステリーのようです。
 立石神社は、最大高12m・最大幅26mの巨岩で、祭神は雨乞いの神様である多伎都比古命です。祈祷をしたご幣(ごへい)を背後の雲見峠まで持っていくと、必ず雨が降るという伝承があります。
 この神社には建物はなく、岩そのものが「社」という、神社の原初形態を示す貴重な場所です。最近は、パワースポットとしてひそかに人気があるようです。
  本日は、天気も良く、身近な大自然や歴史を体感できた秋の1日となりました。

小伊津海岸の洗濯岩


地元の食材が入った弁当

坂浦


赤浦海岸の4色の石

謎の海岸・赤浦海岸

透明度の高い海水

与一伝説が伝わる高さ100メートルの断崖

多伎都比古命が祀られた立石神社

2015年10月23日金曜日

教養授業「島大ミュージアム学」で小泉凡先生にご出講いただきました。

ミュージアムが開講している教養授業「島大ミュージアム学」では、本日、県立大学の小泉凡先生にご出講いただきました。
 先生は、小泉八雲を文化資源にして、様々な普及啓発活動を企画・実践されています。人気の「松江ゴーストツアー」もそのひとつです。近年では、アメリカやアイルランドでも、色々なイベントをされているそうです。
 学生たちは皆非常に熱心に聴講していました。学生たちには、こうした企画力・行動力を身に着けてほしいと思います。大変ご多忙のなかご出講いただいた小泉先生に感謝いたします。

2015年10月22日木曜日

旧制松江高校第3代校長のご親族の方が島大を訪問されました。

 島根大学の前身校である旧制松江高校で、昭和3年から7年まで第3代校長を務められた河合継昭先生のご親族の方が、本日、島大を訪問されました。

 松江高校時代に造られた正門や松江高校時代の標本が展示してあるミュージアム、松江高校の史料がある図書館などをご案内しました。

 図書館では、河合校長が写った松江高校の卒業写真などを熱心に見学されていました。

 本日は、80年以上も前の縁に導かれてご来学されました。島根大学の歴史と伝統を改めて感じた時間でした。そして、そうした資料をきちんと残し、伝える意義を改めて感じる機会になりました。
旧制松江高校時代のものを受け継いだ島根大学正門


当時の写真を見学されている様子

【本日の団体客】米子市老人会の皆様

本日午前中は、米子市老人会48名の皆様がキャンパスツアーに参加されました。
どうもありがとうございました。このあとは、松江城に行かれるそうです。
ぜひまた、ご参加ください。

2015年10月20日火曜日

【本日の団体見学】境高校・江津高校・石見智翠館・隠岐高校の皆様

本日は、島根県・鳥取県から、境高校・江津高校・石見智翠館・隠岐高校の皆様84名がミュージアム見学されました。ありがとうございました。


【本日の団体見学】アフリカ訪日団の皆様

本日は、アフリカからの訪日団の皆様がミュージアム見学されました。
御当地であるケニアの初期人類の資料なども興味深く見学されていました。

2015年10月12日月曜日

島根大学学園祭「淞風祭」連携企画・島大ミュージアム・クイズラリー「クイズに答えてミュージアムグッズをもらおう!」 を開催しました!

 10月11日(日)~12日(月祝)と、島根大学学園祭「淞風祭」にあわせて、島大ミュージアム・クイズラリー「クイズに答えてミュージアムグッズをもらおう!」 を開催しました。
 1日半の間に、のべ200人近い方に挑戦していただきました。用意した景品も好評でした。(景品はモニュメントミュージアム来待ストーンさん奥出雲多根自然博物館さんのご協力をいただきました。)
 多くの方々に御参加いただき、まことにありがとうございました。


 

2015年10月11日日曜日

第9回ホームカミングデー・キャンパスツアーを開催しました。

本日、12:00~12:50、第9回ホームカミングデー・キャンパスツアーを開催しました。
学園祭で盛り上がっているキャンパスの中、OBの方々をご案内しました。大変懐かしそうに母校のキャンパスをまわっていただきました。ご参加、ありがとうございました。







2015年10月10日土曜日

島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)の小さな秋

島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)にも小さな秋が訪れています。
3連休は、ぜひ島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)にお越しください。
バラの返り咲き


ハナミズキも紅く染まっています。

大山の紅葉の絵画です。(昭和35年文理学部卒業生の作品)