2016年8月30日火曜日

島根大学ミュージアム・附属図書館ミニ企画展「旧制松江高校出身の異才編集者 花森安治と田所太郎」(第2期)が始まりました。

 本日から、島根大学附属図書館本館展示室にて、島根大学ミュージアム・附属図書館ミニ企画展「旧制松江高校出身の異才編集者 花森安治と田所太郎」 (第2期)が始まりました。

 花森安治(『暮しの手帖』創刊)と田所太郎(『図書新聞』創刊)は、旧制松江高校(現・島根大学)出身で、NHK連続テレビ小説とと姉ちゃんの登場人物、花山伊佐次五反田一郎のモチーフであるといわれています。

 図書館展示室は少しスペースが広いことから、『暮しの手帖』も号数を追加して展示しています。花森安治が制作した素敵な表紙のイラストを楽しむことができます。

 また、アイロンの「商品テスト」について掲載されている、『暮しの手帖』第29号も展示しました。(今朝のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」では、アイロンの「商品テスト」について描かれていました。)

 ドラマのほうは佳境にはいり、商品テストをめぐるメーカーとの対立や、再会した星野さんと常子との恋の行方など、まだまだ一波乱ありそうで目が離せません。この展示を見学していただき、花森の人物像について知っていただくことで、ドラマのほうもより一層楽しめることと思います。ご来館をお待ちしております。





0 件のコメント:

コメントを投稿