2017年11月18日土曜日

「しまね大交流会2017」に出展

島根大学主催の「しまね大交流会2017」が松江市くにびきメッセで開催され、島根大学ミュージアムも出展しました。
たくさんの来場者の皆さまにミュージアムの紹介をさせていただくことができました。ありがとうございました。


2017年11月13日月曜日

【本日の団体客】フィリピンからの訪日団の皆様

本日は、フィリピンからの訪日団20名様がミュージアム見学にいらっしゃしました。
日本の色々な動物標本や考古資料を興味深く見学されていました。ありがとうございました。


2017年10月31日火曜日

教養授業で松江城下町歩き

 本日の教養授業「島大ミュージアム学」では、松江城下町の歴史的な町並みを学ぶために、町歩きを行いました。
 島根大学から歩いて40分ほどかけて、松江市石橋町や奥谷町を歩き、社寺や造り酒屋、醤油屋、外国人宿舎などを見学しました。
 迷った学生もいましたが、それが城下町の面白さであることを経験してくれたと思います。
 10月最後の本日は、秋晴れで気持ちいの良いフィールドワークになりました。
島根大学松江キャンパス

李白酒造

森山醤油

島根大学旧奥谷宿舎(旧制松江高校外国人宿舎)

田原神社(春日神社)

2017年10月30日月曜日

平成29年度島根大学ミュージアム市民講座第2ステージ「隠岐学Ⅰ~先史時代から古代までの隠岐文化を学ぶ」(まつえ市民大学連携講座)

平成29年度島根大学ミュージアム市民講座第2ステージ
隠岐学 Ⅰ ~先史時代から古代までの隠岐文化を学ぶ
(まつえ市民大学連携講座)
島根半島の北方約40~80kmにある隠岐諸島は、先史時代から独特の歴史・文化を育んできました。この講座シリーズでは、先史~古代の隠岐について、最新の調査成果をもとに解説していきます。

主催:島根大学ミュージアム・島根大学古代出雲プロジェクトセンター
共催:まつえ市民大学
対象:市民一般、高校生
場所:松江スティックビル(松江市白潟本町43番地) 
   松江市市民活動センター 201・202研修室
その他:
・参加費無料
・申込み不要
・受講者は、スティックビル駐車場料金が1日¥200に割引になります。

●第99回講座「隠岐産黒曜石の化学分析-石器の原産地推定方法の確立-」
 講師:亀井淳志(島根大学大学院総合理工学研究科教授)
 日時:2017/12/16(土) 13:00~14:30

●第100回講座「隠岐諸島黒曜石原産地の開発・利用からみたアジア新人文化の起源と展開」
 講師:及川 穣(島根大学法文学部准教授)
 日時:2018/1/6(土) 13:00~14:30

●第101回講座「隠岐国の誕生と古墳」
 講師:内田律雄(島根県埋蔵文化財調査センター)
 日時:2018/3/10(土) 13:00~14:30

●第102回講座「離島・隠岐の仏教文化-隠岐国分寺を中心に-」
 講師:大橋泰夫(島根大学法文学部教授)
 日時:2018/3/17(土) 13:00~14:30

2017年10月27日金曜日

2017年10月16日月曜日

【本日の団体見学】東南アジアからの留学生

本日は、東南アジアからの留学生ご一行がミュージアム本館を見学されました。
日本の学生も案内役で説明してくれました。

2017年10月15日日曜日

島根大学ミュージアム特別講座in広島 Part3「続・古代出雲文化へのいざない」のご案内【12/16-2/17】

 島根大学では、平成25年度に島根大学ミュージアム特別講座in広島「出雲文化へのいざない」、平成26年度に島根大学ミュージアム特別講座in大阪「古代出雲文化へのいざない」、島根大学ミュージアム特別講座in広島 Part2「続・『古代出雲』文化へのいざない」を開催してきました。こうした県外での普及啓発活動が大変好評で、再度の開催要望が多く寄せられたことから、このたび島根大学ミュージアム特別講座in広島 Part3「続・『古代出雲』文化へのいざない」を企画しました。
 この特別講座では、「古代出雲」をめぐる様々なトピックについて、島根大学の教員等が、リレー形式で分かりやすく講義します。参加を希望される方は、お早目にお申込みください。

主催:島根大学・島根大学広島オフィス・島根大学古代出雲プロジェクトセンター・島根大学ミュージアム
会場:合人社ウェンディひと・まちプラザ 北棟 
  (広島市まちづくり市民交流プラザ 〒730-0036 広島市中区袋町6-36)
料金:無料
募集条件:全ての回(全3回)を受講できる方
定員:110名 (先着順、定員になり次第募集停止)
お申込み方法:お電話にてお申し込みください。
お申込期間:平成29年10月15日10:00~11月15日17:00
(氏名・住所・年齢・電話番号をお聞きします。)
参加申込み先・お問合せ先:
島根大学広島オフィス(広島市〒730-0032 広島市中区立町1-23ごうぎん広島ビル4F)
TEL:082-236-1926

◆第1回「『出雲国風土記』とホムチワケ伝承」
講師:平石 充(島根県古代文化センター専門研究員)
日時:平成29年12月16日(土)  13:30~15:30                                                                                                                             会場:マルチメディアスタジオ(北棟6階)
 
◆第2回「掘り出された『出雲国風土記』の世界」
講師:大橋泰夫(島根大学法文学部教授)
日時:平成30年1月27日(土) 13:30~15:30                                                                                                                               会場:研修室A・B(北棟5階) 

◆第3回「『出雲国風土記』と古代を探し求めた人々」
講師:大日方克己(島根大学法文学部教授)
日時:平成30年2月17日(土) 13:30~15:30                                                                                                                            会場:マルチメディアスタジオ(北棟6階)

2017年10月9日月曜日

島根大学学園祭「淞風祭」連携企画:島大ミュージアム・クイズラリー「展示クイズに答えてミュージアムグッズをもらおう!」を開催しました。

 昨日と本日午前中、島根大学学園祭「淞風祭」連携企画:島大ミュージアム・クイズラリー「展示クイズに答えてミュージアムグッズをもらおう!」を開催しました。
 たくさんの方々に展示クイズに挑戦していただきました。ありがとうございました。


2017年10月7日土曜日

私塾「尚風館」の授業で松江城下町歩き

 本日は、ごうぎん島根文化振興財団「尚風館」の授業で、塾生の中学生と松江城下町歩きをしました。
 島根大学ミュージアムが発行している松江の歴史マップを見ながら2時間かけて、松江市石橋町や奥谷町をまわりました。

田原神社

島根大学旧奥谷宿舎(島根大学サテライトミュージアム)

カネモリ醤油の木桶

 コースは下記の通りでした。
松江歴史館 → 明々庵 → 石橋 → 島根大学旧奥谷宿舎 → 田原神社 → カネモリ醤油 → 千手院

 カネモリ醤油では、醤油を仕込む木桶なども見学させていただき、貴重な経験になりました。子供たちにとっては、伝統文化を継承していくことの大切さを学んでもらえたのではないかと思います。
 天候にも恵まれ、楽しく歩いた2時間になりました。

2017年10月5日木曜日

島根大学学園祭「淞風祭」連携企画:島大ミュージアム・クイズラリー「展示クイズに答えてミュージアムグッズをもらおう!」【10/8-9】

 島根大学学園祭「淞風祭」にあわせて、島根大学ミュージアムもクイズラリー「展示クイズに答えてミュージアムグッズをもらおう!」を開催します。
 多くの御参加をお待ちしています!

日時:平成29年10月8日(日) 9:00~16:00
    平成29年10月9日(月祝) 9:00~12:00
場所:島根大学ミュージアム本館山陰地域資料展示室



2017年10月4日水曜日

【本日の団体見学】松江南高校の生徒さん

本日は、市内の松江南高校の生徒さんたちが、授業の一環で団体見学されました。
いろいろな化石や土器などに興味津々で見学されていました。ありがとうございました。

ミュージアム本館で島根半島の化石や模型などを展示中!

 ただいま、ミュージアム本館では、島根半島の化石や模型などを展示中です。
 島根半島は、約2000万年前に大陸から日本列島が分離し、現在の姿になっていくまでのそれぞれの時代の地層が残る、地質学的に大変貴重なエリアです。地層からは、様々な化石なども見つかります。



2017年9月30日土曜日

島根大学くにびきジオパーク・プロジェクトセンター第1回探訪会「佐太大神の足跡を訪ねるツアー」に参加

 本日、島根大学くにびきジオパーク・プロジェクトセンター主催の第1回探訪会「佐太大神の足跡を訪ねるツアー」(島根大学ミュージアム共催)が開催され、ミュージアム館長・副館長も案内人として参加しました。
 コースは、下記のとおりでした。
島根大学集合・出発(9:30) → 加賀 国引きジオパーク構想ビジターセンター(マリンプラザしまね)着(10:00) → 加賀潜戸遊覧船乗船(10:20) → 下船(11:10) → ビジターセンター見学(11:15-11:45) → 昼食(12:00-13:00) → ビジターセンター発(13:00) → 佐太神社着(13:15) → 佐太神社参拝・案内(13:15-13:45) → 鹿島歴史民俗資料館(13:45-14:30) → 資料館発(14:30) → 島根大学着・解散(15:00)

旧潜戸
(中は「賽の河原」になっています。海底火山から噴出したマグマが冷却されて出来た柱状節理や板状節理が観察できます。)


新潜戸の中まで遊覧船で入っていけます。

『出雲国風土記』では、佐太大神が生まれた場所と書かれています。

海底火山噴火時に水蒸気爆発でできた円礫群

新潜戸と的島
(2つの海蝕洞窟が直線上に並んでいるのは、一連の断層が侵食されたためです)

マリンプラザしまね2階のビジターセンター
(島根大学ミュージアム所蔵の化石標本が展示してあります。)

マリンプラザしまね2階のビジターセンター
 このあと、加賀潜戸で誕生した佐太大神が鎮座するという鹿島町の佐太大社に参拝しました。そのあと、鹿島歴史民俗資料館で貴重な縄文時代の貝塚や弥生墳墓の資料を見学しました。
 今日は、天候にも恵まれ、予定通りまわることができました。遊覧船で潜戸のなかを通り抜けるという貴重な体験もでき、充実したジオツアーになったと思います。

2017年9月28日木曜日

写真展「まちねこ美術館 in 松江」の展示準備をしました。

 今週土曜日から、島根大学旧奥谷宿舎(島根大学サテライトミュージアム)で始まる写真展「まちねこ美術館 in 松江」の展示準備をしました。
 今回は、東京で活動されている写真家の方々が、たくましくも、けな気に懸命に生きるマチネコたちの姿をネコ目線でとらえた写真の展示会です。見ていると、思わず頬がゆるんでしまうようなユニークな作品もあります。
 アートの秋、松江の皆様のご来館をお待ちしております。

会期:2017/9.30(SUT)-12.24(SUN) 土日祝日のみ
   10:00-17:00
会場:島根大学旧奥谷宿舎(島根大学サテライトミュージアム)
   松江市奥谷町140
主催:まちねこ美術館
すっかり秋の空です。