2018年3月31日土曜日

春休み・子どもミュージアム体験教室「こころを表現する-親子でコラージュ療法を体験しよう-」 を開催しました。

 本日午後は、春休み・子どもミュージアム体験教室「こころを表現する-親子でコラージュ療法を体験しよう-」 を開催しました。
 今回は、臨床心理士でもある長谷川千絋先生島根大学人間科学部人間科学科 講師)と高橋朋子先生(松江総合医療専門学校非常勤講師)に講師を務めていただき、雑誌の写真やイラストを切り抜いて貼り付ける「コラージュ」によって、”心”を表現するという体験をしていただきました。
 まず親子で、いろいろな雑誌から思い思いの写真・イラストを自由に切り抜き、白い八つ切りの紙に貼り付けていく作業を行いました。さらに余白には、色マジックで絵や字をかいて、作品を完成させました。作品は、自身の内面にある心を表現するものなので、美術的な上手・下手は関係ないそうです。
 1時間かけて作品を完成させたあと、グループでそれぞれの作品を発表し、お互いに批評などもしました。
 こうした体験を通じて、自分の心を見つめ、ふれることにつながり、自分でも知らなかった自分自身の発見につながっていくそうです。また、子どもや親など、他の人の作品をみることで、今まで気づかなかった他者の”心”の発見にもなるとのことでした。
 作品を発表し、批評しあう時間は、楽しく和気あいあいとした雰囲気のなかで進行し、参加した方々それぞれが、実際に新しい”心”の発見につながった体験教室となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿